<トップページに戻る>

最終更新 - 2011/10/07

dv2t Translator

このソフトは2011年夏頃から使えなくなっている。


#ここから下は使えていた頃の記事#

dv2t Tranlatorはテキストトゥスピーチができる翻訳ソフトである。
Anuvadakでは一度翻訳しないと音声で聞けなかったが、dv2t Tranlatorではテキストエリアに入力するだけで聞くことができる。

Googleによるテキストトゥスピーチはアドエスでは使えないので、Bingを選択する。
テキストエリアをタップ&ホールドしてText To Speechを選択すれば英語、日本語のどちらでも音声で聞くことができる。

Anuvadakではテキストトゥスピーチのときにエラーが出ることが多かったが、dv2t TranlatorではWindows Media Playerが起ち上がようになっているためか、安定している。

テキストエリアの広さは設定で指定できる。
コピペで貼り付けもできる。
Swap Languageで言語の入れ替えができる。

Anuvadakでは400字程度の短い文章が限界だったが、dv2t Tranlatorでは数倍多い文字数の文章が翻訳、テキストトゥスピーチが可能。
多すぎて限界が何文字なのか調べられなかったが、多すぎると翻訳はできてもテキストトゥスピーチでエラーになったりする。

使いやすさ、安定性、処理能力の高さでAnuvadakよりも断然お勧めである。


dv2t Tranlatorのダウンロードページ




<トップページに戻る>

inserted by FC2 system