[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2014/02/03

FingerKeyboard アドエス用Skin特別仕様版

FingerKeyboardアドエス用Skinに定型文パネルを付けたもの。
Skinを理解していないと記述が難しく、それでも欲しい人がいるかも分からないので公開は未定。

Smile、Shortcutsは使用していない。


定型文パネル



合計40の定型文を登録できる。足りなければ増やすことも可能。

端末を紛失してしまって、悪意のある人に拾われてしまったとしても、このパネルが表示されることはまず無いような作りになっている。


SPOパネル



r、t、の長押しは-、~に変更。
-とlを入れ替え。



Mainパネル



r、t、の長押しは-、~に変更。



123パネル



空白になっていた3つのキーは記号にした。



ABCパネル



r、t、の長押しは-、~に変更。



Ctrlパネル



変更なし。



ランドスケープモード



横画面ではこのパネルしか表示されないので、パスワード等を登録してはならない。
Mainパネルに移動するための記述は不要。



定型文の記述の注意点

Meryを使用。:SC:をコピー。マクロ記録。→、Ctrl+vを何回か繰り返し、マクロ停止。F4連打。

定型文の文字数をオーバーして連打すると、記述には見えないが、入力時に定型文の末尾にMが付いてしまう。

定型文の最後の方はマクロを使わずに:SC:を1文字ずつ付けていく。



セキュリティ上の注意点

FingerKeyboardは最後に使ったパネルをソフト別に記憶していることに注意しなければならない。
定型文パネルが表示されると他人に簡単にパスワードが見られてしまう。

定型文入力後にMainパネルが表示されるように末尾に必ずSL:Mainを付ける。

よって、記述の頭のOSの値は定型文の文字数+1になる。



アイコンの作成

Paint.NETを使用。

フリーのアイコン集をダウンロード。サイズを64x64に変更。

key64を開いて全て選択してコピー。

アイコンにレイヤーを追加。貼り付け。前後を入れ替え。BMPで保存して平面化。

端を切り取り、左右2ドット狭くなるように貼り付け。60x64でコピー。

60x64で新規作成。貼り付け。


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system