[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2014/01/31

モバイル Google マップ - Google Maps for mobile

バージョンによって大きな違いがあるため、必ずしも最終バージョンの4.1.1が良いとは言えない。
本体に3.2.1、microSDカードに4.1.1を入れるという使い方を思いつき、しばらく両方使ってみた結果、これまでと同様に3.2.1だけを使うことにした。


モバイル Google マップ Ver.4.1.1のダウンロードページ

モバイル Google マップ Ver.3.2.1のダウンロードページ

オフライン機能を活用するためにmicroSDカードにインストールしている。
なお、Windows Mobile版のモバイル Google マップは公式サイトからはダウンロードできなくなった。


目次

現在地表示
お気に入り(スター)
地図の表示
タップ&ホールド
キャッシュ、オフライン
自動でキャッシュを作る
ストリートビュー
マイマップ、KML
その他



現在地表示

アドエスにはGPS機能は付いていないが、2つの方法でおおよその現在地を表示することができる。

・無線LANのアクセスポイントから現在地を表示する

モバイル Google マップに付いている機能。

メニュー>設定>

から、現在地機能を有効にするを選択。有効にする。

無線LANをONにしてPHS回線で接続。
起動後、30秒ほど経ってから右下の青いアイコンをタップ、または0で現在地が表示される。
精度は意外と高く、移動しながら更新すれば目的地に向かって進んでいるかはっきり分かる。
更新しなくてもある程度の間隔で移動に付いてくるが、大きく遅れることも多い。



たまに全く違う場所が現在地として表示されることがあるが、そこは掴んだアクセスポイントの無線LAN機器を使っている人が引っ越し前に住んでいた場所である。

WkTASKの一つのキーにモバイル Google マップと回線接続を登録している。
以前は無線LANのオンオフをwifictrlで行なっていたが、オフにできなくなることが多いのでwifictrlを使うのはやめて、設定>接続>無線ON/OFFを直接呼び出して切り替えている。
Windowsフォルダのshwless.lnkをWkTASKに登録。

無線LANをオンにしているとバッテリーの減りが速いので現在地が分ったらオフにしてもかまわないが、現在地表示は残ったままになる。
当然、移動しても現在地表示は移動しない。


・WILLCOMのアンテナの位置から現在地を表示する

W-SIMにより現在地情報を取得する方法。
gmm_navi AutoMimicGpsなどのソフトを使う。


お気に入り(スター)



左の3.2.1は自動的にソートされ、1画面に表示される件数が多い。
4.1.1はソートされない代わりに検索機能がある。
3.2.1で目的や地域別にお気に入り、キャッシュ、レイヤの保存されているフォルダを切り替えるのが最も使いやすい。
これらのデータは全てセットで切り替えなければならない。


地図の表示



4.1.1では地図の一部分が表示されないことが頻繁に発生する。少し動かすと表示されるが、スムーズに使えない。
3.2.1は経路検索を表示すると重くなり、スクロールが引っかかるようになる。


タップ&ホールド



右の4.1.1はタップ&ホールドから何もできない。
任意の場所をスターに登録するのもストリートビューを見るのも面倒。


キャッシュ、オフライン

・モバイル Google マップはmicroSDカードにインストールしたほうがいい

キャッシュの置き場所は変更できないようだ。本体にインストールすると

\Application Data\GoogleMaps\cache

になるわけだが、10MBぐらいはすぐにいってしまう。キャッシュのファイルサイズの上限は1024MBである。
キャッシュだけを削除する機能は無いので、ある程度使ったらClear Tempや手動でキャッシュを削除しなければならない。

microSDカードにインストールすると

\microSDカード\Application Data\GoogleMaps\cache

になる。ウィルコムの回線速度、エリアからしてもキャッシュを育てていったほうが有効だ。
キャッシュがあるのと無いのとでは地図を表示するスピードがまるで違う。
キャッシュがあればオフラインでも表示ができる。

キャッシュを貯めるスクリプトを作って1024MBに達したが特に問題は起きていない。
以前、150MBと420MBのアドエスを並べたら420MBの方がもっさりして表示が遅いと書いたが、それは420MBの方だけレイヤ(経路検索)が表示されていたのが原因だった。
キャッシュが増えても表示速度は同じである。

メニュー→ヘルプ→モバイル Google マップについて、でキャッシュサイズを確認できる。

キャッシュのバックアップは

\microSDカード\Application Data\GoogleMaps

をまるごとバックアップする。
cache-GLM.dat、index-GLM.datだけを他のアドエスのコピーしても初期化された。


・キャッシュがあればオフラインでも地図は見れる



これまで、キャッシュがあっても回線が繋がっていなければエラーになって使えないと思っていたが、「ネットワークに接続できません」の画面でキャンセルを押せば、キャッシュがある場所は表示できることに気が付いた。
検索や現在地表示はできないが、オンライン時に表示してクリアしないでおけば、次回起動時にオフラインでも表示される。お気に入りにジャンプすることもできる。
何か他のソフトを使いモバイル Google マップが裏に回ってしまうと、前面に戻した時に再び読み込みがあるためにエラーが出てしまい、再度キャンセルを押さなければならない。


・キャッシュのファイルサイズの上限とお気に入り

モバイル Google マップのキャッシュには上限があり、1024MBまでである。

また、お気に入りはフォルダが作れず、ごちゃごちゃになってとても使いにくい。
そこで、地域別にキャッシュとお気に入りを作ることにした。

\microSDカード\Application Data\GoogleMaps

フォルダを地名にリネームして保存しておき、必要に応じてGSFinder+ for W-ZERO3でフォルダ名を「GoogleMaps」に戻す。
お気に入りが使いやすくなり、キャッシュの上限にも余裕が出る。
レイヤもそれぞれ別に保存される。
なお、フォルダごと別の場所にコピーして保存しておき、必要に応じて戻すという方法はキャッシュが増えるに連れ、移動に時間がかかるようになる。



自動でキャッシュを作る

長すぎるので別にページを作った。CacheGoogleMap.mscrへ移動。


ストリートビュー

何度か行われている仕様変更によりバージョン3.2.1を境にストリートビューが全く異なるものになっている。


・ストリートビューの使い方

3.2.1では地図上の任意の場所をタップ&ホールドして表示されたメニューにストリートビューがある。
メニューに無い場合はその場所は見れないということになる。

4.1.1ではとうとうタップ&ホールドからは一切、ストリートビューを見ることができなくなってしまった。
建物にあるマークをタップして表示されるメニューからストリートビューを見れるが、詳細情報が登録されていないと見ることができない。
どこか見れる場所から移動していくか、その場所を検索しなければならない。


・ストリートビューの高画質化と表示速度

2011年6月30日よりストリートビューの画像が鮮明な再撮影したものに切り替えられたが、モバイル Google マップでも4.1.1では明らかに画質が良くなっている。
また、360度全ての画像を読み込んでから表示するために待たされる感じだ。

3.2.1では画質はやや荒く、向いている方向の画像を読み込み次第表示するため約8秒で表示する。
向きを変えると読み込みがあるが5秒程度なので待たされる感じはしない。
低画質な画像の更新も続いているので、画像自体は4.1.1と同様の最新のものである。


マイマップ、KML



・マイマップ

2013年12月頃からログインできなくなっている。


・KML

KMLファイルはGSFinder+ for W-ZERO3から開けばモバイル Google マップで表示することができる。

・1ファイルしか表示できない
・検索や経路検索と重ねられない

という欠点がある。
オフラインでは表示できないが、オンラインで表示してクリアしないでおけば、次回起動時にオフラインでも表示される。


その他 

・住所の入力は#を使う

ZEPP TOKYOの住所をモバイル Google マップのお気に入りに登録しておくかと検索をかけた時のことだった。

東京都江東区青梅1-3-11

と入力すると、見つかりませんでした、と出る。
小一時間悩んで、ようやく気が付いたのだが、「おうめ」ではなく「あおみ」で

東京都江東区青海1-3-11

が正しい住所である。間違っていたために出なかったわけだが、

東京都江東区青梅1#3#11

と#を使うと「青梅」と間違っていても検索結果の1番目にZEPP TOKYOが出るのである。

つまり、#を使うと検索があいまいになり、多数の似た住所が表示されるのだ。
あえて#を使って検索するようにすれば、見つからずに困ることはないだろう。
テンキーでの入力もしやすい。

これはPC版でも同じである。


・WILLCOMの高速化サービスはモバイル Google マップには全く効果が無い

高速化サービスをオンにするとモバイル Google マップの表示が速くなるという書き込みを見たことがあったので試してみた。
高速化サービスをオンにし、表示してみると速くなっているようには感じなかった。画質も同じように見える。
CacheGoogleMap.mscrでキャッシュを作ってみるとサイズは約53MBであった。高速化サービスをオフにしているのと同じである。

もしかしてこの回線自体に全く効いていないのかもしれないと思い、BNRスピードテスト 画像読み込み版で測ってみると600kbps〜1.3Mbpsとなった。
アドエスを2台並べてOpera Mobileで画像の多いページを表示してみるとオンになっている方が表示が速く、画質もやや劣化しているのが分かる。
だが、2台並べてモバイル Google マップを使ってみると、やはり表示速度、画質共に同じであった。

キャッシュのファイルサイズがどれだけ小さくなるのか興味があったのだが、モバイル Google マップには高速化サービスは全く効果がないことが分かった。


メニュー



左の3.2.1も詳細からサイトを見れるので差はない。


バージョン別ストリートビューのメモ

テストは自宅マンションのみ。


3.0.0.1.2

・ストリートビューの表示 高速
・ストリートビューの位置ずれ 無し
・検索結果のバルーンにABCD・・・の印が無い

3.2.0

・ストリートビューの表示 高速
・ストリートビューの位置ずれ 無し

3.2.1

・ストリートビューの表示 高速
・ストリートビューの位置ずれ 無し

3.3.1

・ストリートビューの表示 低速
・ストリートビューの位置ずれ 有り

4.0.0

・ストリートビューの表示 低速
・ストリートビューの位置ずれ 有り

4.1.0

・ストリートビューの表示 低速
・ストリートビューの位置ずれ 有り


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system