[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2014/04/05

GSFinder+ for W-ZERO3

使いやすく、高機能な定番のファイラー。
Ver.1.8.1.16ではVer.1.8.0.2にあった、

・拡張子の関連付けで使いたいプログラムを参照から選ぶ時にexeファイルが無いフォルダはサブフォルダが表示されない。
・例えば、1.85MBのファイルが1.00MBと小数点以下が00になってしまう。

という2つのバグが修正された。


GSFinder+ for W-ZERO3 のダウンロードページ

本体にインストール。



ファイルの関連付け

ファイル>開く>プログラムの選択から

この種類のファイルを使うときは、選択したプログラムをいつも使うにチェックする。

参照からexeファイルを選択し、ok>ok



GSFinderの送るにソフトを追加する

拡張子mscrやjadをjotで開く。
といったように、ファイルを関連付けされているソフトとは別のソフトで開きたいということがよくあるのであれば、GSFinderの送るに登録しておくと便利だ。

これまでは\Windows\SendToというフォルダを作り、中にショートカットを入れるとGSFinderのファイル→送るにソフト名が表示されるようになったが、Ver.1.8.0.2からはSendToフォルダを設定から指定するようになった。デフォルトでは

\Program Files\GSFinder+ for W-ZERO3\SendTo

になっている。

残念ながら、拡張子txtをGSFinderのファイル→送るからWord Mobileで開こうとするとエラーが出てしまう。





設定

表示形式は詳細(行選択)にするとファイルサイズや日付の確認がしやすい。


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system