[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2014/05/21

耳かけヘッドホン、変換ケーブル

数年前の話だがアドエスで音楽を聴くようになってからしばらくして耳が荒れて黄色い液体が出てきた。
調べてみると外耳炎というもので原因はインナーイヤーのイヤホンにあるようだ。
その後、数機種使ってみてアドエスで音楽を聴く上で最も気に入ったのはオープンエアー型の耳かけヘッドホンである。

・外耳炎にならない。
・オーバーヘッド型のような締め付けがない。
・カナル型のような息苦しさがない。
・タッチノイズが聞こえない。
・ホワイトノイズが聞こえない。
・インターホンなどの周囲の音も少し聞こえる。

欠点と言えば音漏れがひどいことで、これが不人気の理由になっているのだが、外出時は音楽を聴かないので問題なし。

また、どの耳かけヘッドホンもクリップがあたっている部分が痛くなるので、これも欠点と言えるのだが、使うのをやめれば痛みはすぐに取れるし、クリップの硬さや形状によって痛くなる場所が違うので、痛くなったら他のヘッドホンに変えることで連続使用できるのでそれほど問題でもない。

ヘッドホンの数が増えるに従って、どっちが音がいいとか比べるのはやめた。
キンキンした打ち込みのサウンドが好みで、KOTOKO以外にも川田まみ、MELL、Lia等に好きな曲があるが、KOTOKO一人だけでも曲によっていい音に聴こえるヘッドホンが違う。
それぞれのヘッドホンの個性を楽しむようになった。

また、同じヘッドホンでも日や時間によって音が違って聞こえ、気分や体調なんかも関係してくる。
高音の女性ボーカルがキツイと感じる時もあれば、低音がボディーブローのように効いて吐き気がしたりする時もある。
つまり、”音が良いヘッドホン”はその時その時で違うと思うようになった。

アドエス(44khz化)+ SRS WOW HD (WOWPop)+ GSPlayerBT  MP3 320kbps(85前後にゲイン調整)で聴いている。



・オーディオテクニカ ATH-EW9

ATH-EW9は10年以上のロングセラーを続けている耳かけヘッドホン最高級機である。
バランスの取れた優等生のような音。

予想外だったのは軽く押し込めば自分の耳に収めることができる事。真正面から見てヘッドホンが平行になるのはこの機種だけだ。
他の耳かけヘッドホンはドライバーユニットの口径が30〜38ミリだが、このATH-EW9は28ミリで全体的にかなりコンパクトに見える。
偶然、自分の両耳にたまたま合った訳だが、妻の耳で試してみると全く入らなかった。
ちなみに、押し込んだからといって遮音性が向上するということはない。

コードは細く、滑りの良い材質で長さが60cmと短いのでそれほど邪魔にならない。

ATH-EW9と言えば北海道産アサダ桜の無垢削り出しハウジングが特徴だが、思ったほど木目が見えないので高級感はそれほどない。





・SONY MDR-Q68LW

綺麗な中音域が特徴で女性ボーカルに合う。高音も低音も弱めだが、その代わりに聴き疲れしにくい。
コードが細く、滑りの良い材質で左右とも巻取りでき、邪魔にならないという事もあって使用頻度は最も高い。

気に入ったのでシルバーを追加で購入。現行機種を何故追加で購入しているのかというと、ホワイトを購入した直後に多数の通販ショップで入荷未定になったため。
生産が完了になってしまったと勘違いし、ATH-EQ66が1年ちょっとで2本も断線したこともあって、いくつか押さえておかねばと思った。
後で知ったのだが入荷未定になった原因は、タイの洪水の影響でソニーの工場が浸水し、生産の目処が立たなかったためだった。

ホワイトを買ってから2年以上経った。ふと、新品と音の違い、いわゆるエイジングの効果はあるのか気になって新品のシルバーを開けて聴き比べてみることにした。
毎日平均で1時間くらいは使っているので、エイジングを700時間以上していることになるが、何度も付け替えて聴き比べてみたが、全く違いが分からなかった。





・KOSS KSC75

PORTAPROによく似た音がするということでとても人気があるヘッドホン。
購入当初は低音にボーカルが埋もれてしまう感じで、どうしてそこまで高い評価をされているのか理解できず、使うのをやめてしまったが、もう一度聴きなおしてみようかとイコライザーをいじったりしているうちに単純に他のヘッドホンよりも音量を上げれば良いことに気が付いた。

ボーカルがそれなりに聴こえるようになるまでボリュームを上げても、低音にはほとんど変化が無く、全体的にバランスのいい音になっていくが、フラットな機種並にとなれば、かなり音量をあげなければならない。

音場がとても広く、低音重視のバランスとの相乗効果で音質がいいというよりも面白い音がするという感じ。

輸入品のためか包装がとても雑だった。
左のイヤーパッドの真ん中にケーブルの跡がくっきり付いていて、ケーブルのまとめ方もぐしゃぐしゃ。

製品自体も雑な作りでイヤーハンガーを広げると右と左で開いた角度がまるで違う。そのままでは左が装着できなかった。
他にも同じ報告をしている人がいるのでこういうものなんだろう。自分で針金を曲げて調整してねという感じ(笑)。

コードはY型で首にかけられない。





・多摩電子工業 T-289

一見、マイナーメーカーの安物にしか見えないこのヘッドホンはKSC75に似た音がするという書き込みを見て買ってみたのだが、確かに似た傾向の音がする。

低音はボワボワしたKSC75に比べて締まった音。高音はKSC75よりもシャンシャンした音。
音場はKSC75の方がやや広く感じるので、その分面白さでは劣る。
ドンシャリでボーカルは引っ込んでいる。

この製品には発着信スイッチ、マイク付きの平型端子変換ケーブルが付属している。
音量調節は無し。長押しで終話。クリップはペン型。角度は変えられない。

コードは細く、滑りの良い材質で変換ケーブルを使うことが前程になっているので短め。





・Philips SHS4701

このヘッドホンのレビューは少なく、ヘッドホンをいくつも持ってる人のサイトではあまりいい評価がされていないので購入を見送っていた。
生産完了なのか取り扱っている店が少なくなってきたので、試しに買ってみたところ、持っているヘッドホンの中では最も中音域がキンキンした音だった。

コードは細く、滑りの良い材質。

ジョギングを想定しているのか、クリップを強く締め付けできる。少し開き気味にしないとすぐに痛くなる。





・EDLP MP-12

このヘッドホンはホームセンター「コーナン」オリジナルの製品 。この珍品の感想を書く前にまず、Rio LIVE gearについて説明する必要がある。

2005年、アップルのiPodが急速にシェアを伸ばし、RioのMP3プレイヤーのシェアは急激に低下。
親会社のD&Mは「Rio」ブランドで展開するMP3プレーヤーの販売活動を9月末に終了し、全世界的にMP3プレーヤー事業から撤退するという発表を行った。
それに伴い製品の値下げが行われ、3980円だった耳かけヘッドホン「Rio LIVE gear」の定価は発売からわずか4ヶ月で1980円になった。
多くの店で実売価格は980円となり、定価格で音質が良く、プレイヤーも収納できる専用ソフトケースも付属、と複数買いも当たり前のお祭り騒ぎになったのだった。

というのは2013年になって絶滅しそうな耳かけヘッドホンの名機を確保しておこうかと調べていて知ったわけで、2005年は自分が全く音楽を聴いていなかった時期だった。
あっという間に市場から消えたRio LIVE gearはフォスター電機のOEM製品388404で、同様のOEM製品としてSumajin「Clip-on Earphone」、Sharp「HPMD5S」が存在した。
Rio LIVE gearにそっくりなコーナンのMP-12の仕様はフォスター電機の公表と微妙に違うが、角ばったその形状からおそらく388404だろう。
コストパフォーマンスを高めた新モデル429456思われる製品が海外で販売されているが、明らかに形状が違う。

 仕様   
 最大入力   80mW  
 インピーダンス   32Ω ±15%
 音圧感度   103dB ±3dB
 ドライバ  30mm
 コード長  1.2m
 プラグ  ストレート
 重量  16g
 付属品  3.5mm→2.5mmへの変換ケーブル(10.5cm)
 生産国  中国
 生産  2009年2月?

新品にもかかわらず、シルバーの塗装が禿げている所が数ヶ所あった。
ど真ん中にぽつんと印刷してあるL、Rの文字がダサい(笑)。

全体的に透明感のある綺麗な音でバランスも良い。

コードの材質は太めで滑りの悪い材質で首にかけると横を向いたときにヘッドホンが引っ張られるのが残念だ。





・オーディオテクニカ ATH-Q66T WH

ヘッドホン「ATH-EQ66」とマイク付き変換コード「AT3A35T/1.0」がセットになった製品。

同じオーディオテクニカのATH-EW9とは異なる中音域の響きが気に入っている。低音が弱め。

コードは細く、滑りの良い材質。
髪の毛は短いほうなのだが、髪の毛をしょっちゅう挟むのが残念。

気に入ったので追加で2本購入したのだが、1年3カ月で2本断線してしまった。
どちらも右耳から音が出なくなるという症状だが、オーディオテクニカのレビューを読んでいると巻取り機能付きの耳かけヘッドホンは特に断線しやすい印象。
このヘッドホンはもう手に入らないので最後の1本は大事に使いたい。

音楽を聴いてるときに電話がかかってくることが多いので、発着信スイッチ、ヘッドホンボリューム付きのマイク付き変換コードは便利。
クリップで胸元に止められる。クリップは洗濯バサミのような感じで厚い布にもすぐに取り付けできる。角度も変えられる。

この変換コードのヘッドホンボリュームを下げると音質が悪くなるので、必ず最大にし、音量の調整は音楽プレイヤーのほうで行う。

どのヘッドホンを使う時でも必ずこの変換コードを使っているが、まだ断線していない。
買って2年経ってようやく、長押しで終話になるのに気がついた。





変換ケーブル、変換プラグ

変換ケーブルは平型端子携帯電話用を選択すること。形は似ているが外部接続端子用を選んではならない。
端子カバーがあるので差し込み口の向きも重要。


確認済み変換ケーブル

audio-technica   AT3A30T/S

多摩電子工業 T-602


買ってはいけない変換プラグ

ELECOM EHP-CT34/00



よく考えずに妻のアドエスの色に合わせて買ったら、差し込み口の向きが左だった。
端子カバーが写真のようになってしまい、使えないと言っていいだろう。
ちなみにストラップは外し、出っ張りは削り落すつもりだったのだが。

金属が見える方を上にしたときに右側に差し込み口やケーブルがあるものを選ぶ。
真ん中の2本のケーブルはどちらもAT3A30T/Sだが、仕様変更で長さが変わったようだ。



耳かけタイプリスト

残念ながら耳かけヘッドホンは新製品がほとんど発売されず、次々と生産完了になっている現状。
発売時の定価で表示。
オープン価格の場合はなるべく販売予想価格等で表示。

 メーカー          レビュー    参考  
 型番  巻取り   プラグ   発売  定価  Amazon.co.jp  価格.com     備考 
 オーテク ATH-EQ300M  無し  S  2008  1400  BK  価格.com     
 オーテク ATH-EQ500  無し  L  2011  OP  BL CZ RD LPK LGR PK  価格.com     
 オーテク ATH-EQ600  S  L  2008  2400  Amazon.co.jp  価格.com     
 オーテク ATH-EQ66  S  S  2005  2625  Amazon  価格.com    
 オーテク ATH-EQ77  W  S  2005  3675  BK R S  価格.com    
 オーテク ATH-EQ88  無し  S  2004  2625  Amazon.co.jp  価格.com    
 オーテク ATH-EQ700  W  L  2008  3150  Amazon.co.jp  価格.com    
 オーテク ATH-EM7  無し  S  2002  8000  SV GM  価格.com    
 オーテク ATH-EM700  無し  S  2006  12000  BK SV  価格.com    耳が痛くなるというレビューが多い。
 オーテク ATH-EM700Ti  無し  S  2006  16500  Amazon.co.jp  価格.com    同上。EM700系のイヤハンガーは良くないようだ。
 オーテク ATH-EM9D  無し  S  2003  15000  Amazon.co.jp  価格.com     
 オーテク ATH-EM9R  無し  S  2003  15000  Amazon  価格.com     
 オーテク ATH-EW9  無し  S  2003  18000  Amazon.co.jp  価格.com   EW9 EM9D比較  
 Victor HP-AL102  無し  S  2006  OP  Amazon.co.jp  価格.com    オープンエア型。
 Victor HP-AL202  S  S  2006  OP  Amazon.co.jp   価格.com    密閉型。
 Victor HP-AL302  W  S  2006  OP  Amazon.co.jp   価格.com    密閉型。音質はHP-AL202と同じと思われる。
 Victor HP-AL72  無し  S  2001  3300        密閉型。
 Victor HP-AL73  無し  S  2002  2500    価格.com    密閉型。
 Victor HP-AL93  無し  S  2002  3500    価格.com     密閉型。
 Victor HP-AL600  無し  S  2006  4000  BK SV  価格.com    密閉型。価格.comでケーブルが服に触れるとノイズが入るとのレビュー有り。
 Victor HP-AL1000  無し  S  2005  9000  BK SV  価格.com    オープンエア型。
 PHILIPS SHS4701  無し  S  2008  2480  Amazon.co.jp  価格.com    SHS4700は黒の型番。
 SONY MDR-Q38LW  S  S  2007  2468  Amazon.co.jp   価格.com    Q68LWにある耳かけ部分のゴムが無いようだ。スペック上の音質も劣る。
 SONY MDR-Q67LW  W    2005  3675  Amazon  価格.com    
 SONY MDR-Q68LW  W  S  2007  3675  Amazon.co.jp  価格.com    
 Panasonic RP-HS101  S  S  2002  3300        
 Panasonic RP-HS71  S  S  2003      価格.com    
 Panasonic RP-HS72  S  S  2005      価格.com     
 Panasonic RP-HS102  W  S  2004  OP    価格.com     
 Panasonic RP-HS103  W  S  2005      価格.com    
 Panasonic RP-HZ47  無し  S  2006  OP  Amazon.co.jp  価格.com    
 Panasonic RP-HSR30  S  S  2007  OP  Amazon.co.jp  価格.com    
 Pioneer SE-E07  無し    2004  3300  J4 J7  価格.com     
 Pioneer SE-E7  無し    2004  1800      AV-Watch   
 Pioneer SE-EX7  無し  S  2006  5000  J1 J2  価格.com    
 Pioneer SE-EX9  無し    2006  7500  Amazon.co.jp  価格.com    
 TEAC KOSS KSC75  無し  S  2007  OP  Amazon.co.jp  価格.com    
 TEAC KOSS KSC21  無し    2011  OP  Amazon.co.jp  価格.com    
 多摩電子工業 Z-287  無し              
 Rio LIVE gear PHP-200  無し  L  2005  3980  T K  価格.com    



平型変換ケーブル付き

                   レビュー    
 型番  巻取り   プラグ   発売  定価  着信  マイク  音楽   音量調節     Amazon.co.jp  価格.com   備考 
 オーテク ATH-Q66T  S  S  2005  2625  ○  ○  ○  ○  Amazon.co.jp  価格.com  
 Victor HP-KL101  無し  S  2005  OP          HP-AL101  HP-AL101  オープンエアー型。ヘッドホンはHP-AL101。
 Panasonic RP-HSW50  W  S  2007  OP          Amazon.co.jp  価格.com  ミニ平型プラグアダプター付属
 多摩電子工業 T-289  無し  S  2005  2500  ○  ○  ○  無し  Amazon.co.jp    


価格.com ヘッドホン・イヤホン スペック検索


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system