<トップページに戻る>

最終更新 - 11/05/15

Esmertec Jbed3D HeapFix compress


JBlendで動かなかったり画面の下の方が切れてしまうアプリをJbedで動かす

HeapSizeFixは2倍に拡大して表示されるように改造されたVMである。
つまりインストールするだけで240×320の携帯電話用のJAVAアプリケーションがアドエスの画面にあった大きさになる。
WM6用というのもあるが、なぜか拡大表示されないのでWM5用を入れる。ロシア語ではあるがJbedを使ったことがあればインストールや起動はできるだろう。

ただし、このVMにも欠点があってほとんどのアプリケーションで音が出ない。
また、多くのゲームで最初にサウンドのオンオフの選択が出るがオンを選ぶと落ちるものがある。
*や#、ソフトキーが効かないアプリがある。キーボードのソフトキーだけ効くのもあったりする。


Esmertec Jbed3D HeapFix compress
リンク切れ。

phone.dll (dummy phone.dll)
http://w03holic.seesaa.net/article/85072429.html

sms.dll
http://d.hatena.ne.jp/tmyt/20090220/1235104529

Jbedはjarのみでインストール可能。phone.dll、sms.dllはwindowsフォルダへ。両方とも無いと起動しない。


英語化

Esmertec Jbed 20090217.5.1R2を入れているとメニューが英語で表示される。

Esmertec Jbed 20090217.5.1R2は不要なので\Windowsからjbed.exe.0409.muiをコピーしておいて、Esmertec Jbed 20090217.5.1R2をアンインストール。
jbed.exe.0409.muiを\Windowsに戻す。


<トップページに戻る>

inserted by FC2 system