[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2013/03/21

microSDカード関連



2GB以上のmicroSDカードを使う

アドエスは仕様上では2GBまでしか使えないが、ドライバのSDHC.777をインストールすれば、それ以上のmicroSDHCカードも使うことができる。
4、8、16、32GBいずれも動作報告有り。

また、まだ報告が少ないので何か問題がある可能性もあるが、 FAT32でフォーマットすれば64GBのmicroSDXCカードも使えたとのこと。


SDHC.777のダウンロードページ

823番をダウンロードする。



モバイル Google マップの表示が遅くなった

CacheGoogleMap.mscrでモバイル Google マップのキャッシュができたので、他のアドエスにもコピーして地図を表示してみると、1台だけ表示がとても遅い。
一時的に固まるような感じでCPU使用率もほとんど100%を示している。
キャッシュのサイズを変えてみると大きくなればなるほど遅くなる。
そのアドエスで使用しているmicroSDHCカードは2010年10月31日に使い始めたTranscend microSDHCカード 8GB Class2。

そこでまず、Classが2と低いのが原因なのか、持っているmicroSDHCカード全ての速度をCrystalDiskMarkで調べてみた。
その結果、Classが不明だったおまけで貰った2GBのmicroSDHCカードの中にClass2のものがあるのが分かり、それでモバイル Google マップを使ってみた。
すると、特に遅いということはなくClassは関係ないと分かった。

問題のカードにはもう一つ気になることがあったのを思い出した。
それはいつ頃からか、たった数KBのテキストファイルをコピーするときでもコピーが始まるまでに時間がかかるようになったことである。
コピーが始まってしまえば特に遅いということはなかったので放置していた。

そこで、まずデフラグしてみたが、これは何の変化も見られなかったので、最後の手段としてフォーマットしてみることにした。
SDカードのフォーマットは初めてなので評判がいいパナソニックのSDフォーマッタを使用。

その結果、モバイル Google マップは普通の速度になり、ファイルのコピーもすぐに始まるようになった。
CrystalDiskMarkで計測してみると速度も全体的に速くなったようだ。

   フォーマット前  フォーマット後   
 Sequential Read   11.992 MB/s   12.813 MB/s   +0.821 
 Sequential Write  3.117 MB/s  4.599 MB/s  +1.482
 Random Read 512KB  12.070 MB/s  12.833 MB/s  +0.763
 Random Write 512KB  0.618 MB/s  0.684 MB/s  +0.066
 Random Read 4KB (QD=1)  3.408 MB/s  3.236 MB/s  -0.172
 Random Write 4KB (QD=1)  0.020 MB/s  0.018 MB/s  -0.002
 Random Read 4KB (QD=32)  3.483 MB/s  3.491 MB/s  +0.008
 Random Write 4KB (QD=32)  0.029 MB/s  0.025 MB/s  -0.004



Class10のmicroSDカードでアドエスは快適になるか?

円安で値上がり傾向のmicroSDカード。8GBのカードの容量が少なくなってきたのでどうせなら32GBにしよう思ったが、Class4とClass10で結構値段差があるのでどちらにするか迷った。
永久保証と書いてある製品もあるが、交換や修理はかなり面倒な手続きで結局泣き寝入りになりそうなので安くしたいところだ。
結局、32GBも必要ないのでハズレでも痛くないLexarのClass10の16GBのカードを960円で購入したが、同じように悩んでいる人もいるかもと思い、比較してみた。
ただし、同様の検証はAndroidの記事ですでに有り、Classによる差はほとんど無いと予想される。
都合により検証にはClass2を使用。

CrystalDiskMarkでの計測結果

   Class2  Class10   
 Sequential Read   12.960 MB/s   18.349 MB/s   +5.389 
 Sequential Write  4.507 MB/s  10.488 MB/s  +5.981
 Random Read 512KB  13.020 MB/s  18.373 MB/s  +5.353
 Random Write 512KB  0.700 MB/s  1.189 MB/s  +0.489
 Random Read 4KB (QD=1)  3.419 MB/s  4.582 MB/s  +1.163
 Random Write 4KB (QD=1)  0.022 MB/s  0.011 MB/s  -0.011
 Random Read 4KB (QD=32)  3.480 MB/s  4.826 MB/s  +1.346
 Random Write 4KB (QD=32)  0.024 MB/s  0.016 MB/s  -0.008


microSDカードにインストールしたOpera Mobile 10の起動時間

Class2 平均34秒
Class10 平均28秒


TCPMPでYouTubeの640x360のMP4を再生

微妙にカクカクが減っている気がしたのでベンチマークを取ってみた。

Class2 50.39
Class10 51.24

結果も微妙な差。


ActiveSyncを使ったファイルの書き込みにかかる時間

アルバム一枚分のMP3と歌詞 142MB

Class2 7分11秒
Class10 6分29秒

ActiveSyncを経由するとClass10の速度はほとんど発揮できないようだ。

その他、GSPlayerBTで音楽を聴きながらOpera Mini 5.1を使うと音飛びするかどうか、モバイル Google マップのキャッシュの表示スピードを調べてみたがClass10の方が微妙にいいかもという程度。
よほど大容量のファイルの書き込みを頻繁に行うのでなければClassは全く気にする必要はないだろう。



microSDカード内の小文字のファイル名が大文字で表示される

カードリーダを使ってPCからmicroSDカードにコピーし、アドエスで見ると

gmm_res.dat→GMM_RES.DAT
urlfilter.ini→URLFILTER.INI

といった感じで全て小文字のファイル名が全て大文字になってしまっていることがある。

このファイルをActiveSyncでPCから見ると同様に大文字で表示されるが、microSDカードをアドエスから外してカードリーダに差してPCで見ると小文字で表示される。
基本的には特に問題ないが、見慣れたファイル名じゃないのでどうも調子が狂う。

ちなみに、KOTOKOにはsnIpeというiだけが大文字でスナイプと読ませる曲があり、これは

snIpe.mp3→SNLPE.MP3

と全く曲名が変わっていた。

ActiveSyncを使ってコピーするとファイル名が正しくコピーされる。



ActiveSyncでmicroSDカードからファイルのコピーができない

コピーしたいファイルの中に読み取り専用ファイルが含まれていると途中でエラーになり、全くコピーされない。


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system