[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]


最終更新 - 2014/01/15

Opera Mini 5.1

Opera MiniはWEBサイトのデータサイズを最大約10分の1に圧縮し、低速な回線でも高速なブラウジングを可能にしたブラウザである。

Opera Mini 5.1はOpera Mini 5.0の欠点、不具合が数多く修正されている一方で5.0よりも悪くなってしまったところもある。
画像のサイズが大きくなり見やすくなった。画像をタップ&ホールドするとメニューが表示され、保存などができる。
コピー&ペーストにおいて改行は□とならなくなったが、貼り付けするときに改行は無視され、アルファベット以外の文字にスペースが挿入されるようになってしまった。アドレスバーからのコピーには入らない。

このバージョンをもってWindows Mobile版の開発は終了となったが、度々行われるサーバーのバージョンアップによってOpera Mini 5.1の機能や表示にも変更がある。


Opera Mini 5.1のダウンロードページ PCから

Opera Mini 5.1のダウンロードページ WM端末から

Internet Explorer Mobile等のユーザーエージェントがWindows Mobileになっているブラウザでアクセスする。
5.0と全く同じファイル名なので上書きに注意。5.0も保存しておいた方がいいと思う。

2013年4月頃からOpera MiniでWEBサイトを表示した際に文字がほとんど表示されなくなったという話がちらほら見られた。
この問題はOpera Miniをインストールした際に右端のフォントが欠ける問題をそのままにして使っていた人にのみ起こっており、初期化したアドエスに新たにインストールして確認したところ、「フォントを等幅フォントに変更」、「OperaMiniTweakWMによるフォントサイズの変更」のいずれも行なっていない場合に発生するようだ。

OperaMiniTweakWMはOpera Mini 5.1のレジストリ設定を書き換え、フォント、フォントサイズ、ズームアウトレベル、ユーザーインターフェース等を簡単に設定できる必須のソフトである。
フォントを自由に大きくできるようになったのはかなりありがたい。5.0よりも一回り大きく設定している。


OperaMiniTweakWMのダウンロードページ


目次

フォントの欠けを直す
フォントサイズの指定
プロトコルをSocketからHTTPに変更
タスクバーを表示する
Opera Link
バックアップ
ブックマークの並び順の変更
ニュースフィード
検索窓を登録
Keypad UI
ショートカット
スクロール
YouTubeの再生
Opera Mini 5.1と5.0を比較
その他



フォントの欠けを直す

文字の潰れ、欠け、抜けを直すには等幅フォントを指定する必要があり、3種類の方法がある。
設定した後にOpera Mini 5.1を起動してどこかページに接続するとOpera Miniのサーバーがフォント情報の収集を始める。数分かかる。
収集後はメモリ不足になり、システム全体の表示がおかしくなることがある。アドエスを再起動すると直る。

・OperaMiniTweakWMで等幅フォントを指定する

例えば、Smart-PDA.netからダウンロードしたメイリオは\Windowsにインストールされるので、

MeiryoKeGothic.ttcを\My Documents\Fontに移してOperaMiniTweakWMの設定で

フォントファミリ名で指定

MeiryoKe_Gothic

フォントファイルへの絶対パスで指定

\My Documents\Font\MeiryoKeGothic.ttc

とするとOpera Mini 5.1だけフォントをメイリオにすることができる。

なお、ver.1.0.2で[フォントファミリ名で指定:] の横にプリセットボタンが設置されたが、このボタンを押して表示される「MS ゴシック」を選択するとMS Gothicと同じ表示になる。

表示に欠けや抜けがある場合、OperaMiniTweakWMでフォントサイズを変更してフォント情報の収集をやり直しすれば、直ることもある。
例えば、大、中、小を27、28、29と設定しているなら、22、23、24のように全て違う数値に変更すると、再びフォント情報の収集が行われる。
一度、収集したフォントはサイズを変更しない限り収集を行わないので多数のフォントを何度も入れ替えて見比べてみるのにそれほど時間は取られない。

サイズを大きくした場合のみ欠けることもあり、ちょっとニュースサイトを見てみただけで、ちらほら欠けがあったIPAexゴシックもサイズ23では欠けなかった。

長い間、うまく指定できなかったSH G30-Mを指定する方法がようやく分かった。
フォントファミリ名をSH G30-Mと正確に記入する必要があり、S、H、Gだけが全角なのである。
スペースも含め、それ以外は半角英数で入力する。


指定できたフォント

 フォント名/DL場所  ファイル名  フォントファミリ名  サイズ  欠け   抜け  
 MS Gothic     MS Gothic  インストール不要  無し  無し  
  MS ゴシック Ex+  MSGothicExPlus-Gothic.ttf   MS ゴシック  2.81MB  無し  無し  高さのズレ、「ゆ」が気になる
 メイリオ  MeiryoKeGothic.ttc   MeiryoKe_Gothic  8.83MB  無し  無し  
  IPA ゴシック  ipag.ttf   IPAゴシック  3.45MB  有り  無し  サイズ24以上で欠ける
 IPAexゴシック  ipaexg.ttf   IPAexゴシック  5.74MB  有り  無し  サイズ24以上で欠ける
 SH G30-M  SH G30.ttc  SH G30-M  6.06MB  無し  無し  
 MigMix 1M  regular  MigMix-1M-regular.ttf   MigMix 1M regular  3.02MB  無し  無し  
 MigMix 2M  regular  MigMix-2M-regular.ttf   MigMix 2M regular  3.01MB  無し  無し  
 Migu 1M  regular  Migu-1M-regular.ttf   Migu 1M regular  3.02MB  無し  無し  パピプペポが独特 
 Migu 2M  regular  Migu-2M-regular.ttf   Migu 2M regular  3.01MB  無し  無し  
 Migu 2M  bold  Migu-2M-bold.ttf  Migu 2M bold  3.37MB  無し  無し  
 VLゴシック  VL-Gothic-Regular.ttf  VL Gothic Regular  3.7MB  無し  無し  


うまく指定できなかったフォント

 フォント名  ファイル名  フォントファミリ名   サイズ
 MS ゴシック    MS ゴシック  インストール不要


下記の比較画像のフォントサイズは28。画像クリックで拡大。

MS Gothic MS ゴシック Ex+ メイリオ
 MS Gothic  MS ゴシック Ex+  メイリオ
     
IPA ゴシック IPAexゴシック SH G30-M
 IPA ゴシック  IPAexゴシック  SH G30-M
     
MigMix 1M regular MigMix 2M regular Migu 1M regular
 MigMix 1M regular  MigMix 2M regular  Migu 1M regular
     
Migu 2M regular VLゴシック
 Migu 2M regular  Migu 2M bold  VLゴシック


・Pocketの手で等幅フォントを指定する

自分はこの方法でMS ゴシックにし、OperaMiniTweakWMでサイズ29にしている。

・他のフォントに比べ、フォントの形、線の太さ、行間の広さが好みで読みやすい。
・Opera Mini 5.0のフォントにも有効。
・新たにフォントを追加する必要が無い。

という利点がある。
欠点としてはこのフォント変更はシステムや他のアプリケーションにも影響があり、一部MS ゴシックで表示されるようになる。

5.0ですでに等幅フォントにしていた場合は必要無し。
Pocketの手をインストール。このソフトにはバックアップ機能があるので必ずバックアップをとること。
バックアップをとっておかないと日本語が□になった時に大変なことになる。
□になってしまったら、このページを参考にメニューを選んでいき、バックアップから元に戻す。

フォント設定→フォントリンクでリンク元フォントThomaを選択。
リンク先フォントのスタイルからMS ゴシックを選択。(右にあるAのアイコンを押すと選択画面に切り替わる)
再起動の選択ではいを選ぶ。


画像クリックで拡大

知識があれば他の等幅フォントを使ってもよいが、フォントによっては問題もある。

MS ゴシックはフォントの欠けは無くなるが、サイトよっては文字の抜けがある。
OperaMiniTweakWMでサイズを変更すると抜けが無くなる。


・レジストリエディタで等幅フォントを指定する

レジストリに以下のキーを追加する

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Opera\Opera Mini\LogFont

文字列を追加して等幅フォントを指定する。MS Gothic以外はうまくいかなかった。

値の名前 Face Name
値のデータ MS Gothic



左がPocketの手を使用。右がレジストリエディタを使用。
MS ゴシックとMS Gothicの違いなのか、アルファベットや数字の幅がやや狭く、文字の抜けが無くなっている。




縮小画面にも違いがある。設定は同じだが画像が大きくなり、左上にRSSが表示されている。
自分の環境ではMS Gothic以外のフォントはうまく指定できなかった。
色々試してみたが、Opera Mini 5.0ではできなかった。



フォントサイズの指定

OperaMiniTweakWMで好きなサイズに指定できる。メニューの文字も大きくなる。



プロトコルをSocketからHTTPに変更

デフォルトの設定であるSocketではOpera Mini 5.1を起動した状態で回線が切れているときにサイトにアクセスしてもダイヤルアップはするが、いつまで待ってもページが表示されない。
一旦中止してもう一度、アクセスすると表示される。
設定画面の詳細ツールでプロトコルをSocketからHTTPに変更すると、一度目のアクセスで繋がる。

Socketは無線LANだとリンクを押しても同じページが表示される事がある

SocketとHTTPのどちらにしてもサイトの表示速度などに差は無く、Socketにするメリットは特に無さそうだ。



タスクバーを表示する

WkTASKによる素早いタスク切り替えをしたいのでJoeTuneプラグインのJTOperaM5Taskbarでタスクバーを表示させている。

JTOperaM5Taskbarのダウンロードページ


プラグインではないOperaM5Taskbarでもタスクバーを表示させることができる。


OperaM5Taskbarのダウンロードページ

\Windows\スタートアップにショートカットを登録するといいだろう。ショートカットのプロパティ>ショートカットに

"\Program Files\OperaM5Taskbar\OperaM5Taskbar.exe" /silent

と記述すれば再起動時に常駐のメッセージが出ない。



Opera Link

Opera Mini 4.2やOpera Mobile 10と違い、Operaのブックマークがすべて同期されるわけではない。
同期されるのはブックマークのOpera Miniフォルダの中のブックマークだけである。
これでは不便なのでOperaまたはOpera Mobile 10のブックマークの編集でフォルダごと全てOpera Miniフォルダに入れる。
こうすることで全てのブックマークが同期する。

重いページの読み込みと同期が重なると数分間、固まってしまう。
Opera Linkをオンにしている場合は、起動後に最初に見るページは軽いサイトにしたほうが良い。

・Speed Dialの同期をしない

Opera Mini側では設定できない。Opera、Opera Mobile 10側でSync Speed Dialをオフにする。



バックアップ

バックアップはOpera Miniフォルダをまるごとバックアップするのが確実。
ブックマーク、ニュースフィード、検索窓、スピードダイヤルなど全てバックアップでき、他のアドエスに移して使うこともできる。



ブックマークの並び順の変更

・ニュースフィードを使っている場合

フォルダ名をPCでリネームしたりして整理したら何が原因か、ブックマークが名前順に並び替えされず、PCとOpera Miniで違う順番になってしまった。
Opera Linkをやり直しても反映されない。そこで以下の方法で同じにした。

1、\Program Files\Opera Miniをフォルダごとコピーしてバックアップとして保存しておく。
2、Opera MiniのOpera LinkをOffにする。
3、Operaのブックマークを並び替える。
4、Operaのブックマークをエクスポートしてバックアップとして保存しておく。
5、Opera MiniのブックマークをOpera Miniの編集から全て削除する。
6、Opera LinkをOnにする。しばらく経つとOperaのブックマークのOpera Miniフォルダが空になる。
7、ニュースフィードをチェックする。初期化されていたら1のバックアップをフォルダごと上書きしてやり直し。
8、ニュースフィードに問題がなく、両方のブックマークが空になったのを確認したら3のバックアップをインポートする。

インポートしたブックマークは全てOpera Miniフォルダの外に移動しているので編集する必要がある。
Operaのブックマーク編集画面で表示を1画面ツリー表示にすれば、まとめて選択できるので移動もすぐ終わる。
6の時にOperaのブックマークが空にならず、きちんと同期されたこともあった。

何度かやりなおして思った通りになったが、それまでに発生した問題を書いておく。


・一部または全部のフォルダやブックマークが重複。
・少し経ったらニュースフィードが初期化された。
・ブックマークレットの記述が途中から消えていた。


・ニュースフィードを使っていない場合

この手順はニュースフィードが初期化されるので注意。

1、Opera MiniのOpera LinkをOffにする。
2、Operaのブックマークを並び替える。
3、念の為にOperaのブックマークをエクスポートしてバックアップとして保存しておく。
4、Opera Miniフォルダにあるdatastore.iniを削除する。ブックマークとスピードダイヤルが初期化される。
5、Opera LinkをOnにする。



ニュースフィード

ニュースフィードはいわゆるRSSリーダー機能である。
更新チェックは速く、画像も表示され、元の記事にも簡単に飛べるのでとても便利だ。
5.0と5.1ではニュースフィードの互換性はないので登録し直しになる。

Opera Linkをオンにすると高確率で初期化される欠点があるが、回避する方法がある。オフは問題ない。
Speed Dialに登録することもできるが、Opera Linkを使っているとOperaでOutlookが起動する。Opera 12はSync Speed Dialをオフにする事で回避できる。

一時期、文字の抜けが発生するようになったが、2012年7月12日に再び仕様変更があり、文字の抜けは発生しなくなった。
また、未読件数も表示されるようになっている。


・RSSの登録

使い方は簡単でRSSをタップして表示されたページで購読をタップするだけである。
これまでは大抵ページの左上にあったが、最近はRSSのある場所を探さなければならなくなった。
見つからない場合は下記のサイトを使えば、アドレスがすぐ分る。

RSS検索
http://www.aroooy.com/GetRDFUri/


また、部分配信のRSSフィードを全文配信に変換してくれるサービスも便利だ。
fullrss.net(旧まるごとRSS)は画像が多すぎるのが原因か、Amebaブログの画像の大半が表示できなくなったので、Full Text RSS Feedに乗り換えた。
画像は全て表示されるようになったが、コメントは表示されなくなった。


・Opera Linkをオンにした時にニュースフィードの初期化を防ぐ

ニュースフィードを表示した状態でOpera Linkをオンにすると初期化されない。



検索窓の登録

あらかじめGoogleとWikipediaが登録されているが、サイトの検索窓をタップ&ホールドすると検索エンジンを追加という選択肢があり、登録することができる。
Opera Mobile 10ではそのままでは登録できなかったサイトもすんなり登録できる。



登録可能
Google PC版
Google画像検索
Google翻訳
NAVER画像検索  表示される件数は少ないが画像が大きく画質が良い。
TSUTAYA ONLINE
Yahoo!辞書
YouTube モバイル版
unkar
Wikipedia 日本語版
価格.com
楽天市場

Google翻訳はURLを入れてページを丸ごと翻訳する場合は問題ないが、英文をコピペして入れると文章としてではなく英単語に分けて翻訳するのでおかしな文章になる。

・2ちゃんねるの過去ログ

ログ速

更新がとても速い。


unkar

アンカーをタップするとログ速は再読み込みになってしまうが、unkarはジャンプしてくれる。
ただし、unkarも元に戻ることはできない。ページ内検索で番号を入力して戻るしか無い。

更新がとても遅く、1000に到達して落ちてから1ヶ月以上経ったスレの書き込みが35までしかなかった。



Keypad UI



OperaMiniTweakWMでUIタイプをKeypad UIに変更するとソフトキーが使えるようになる。
ただし、上部のバーをタップしてもページの一番上に戻ることができない。

また、検索窓の一番下にある「検索エンジンの管理」が表示されなくなる。
不要な検索の削除や編集が必要なときは標準に戻す。



ショートカット

ヘルプに載っている*、#からのショートカットは全く使えないが、テンキーからのショートカットが使える。

1   新しいタブで開く、画像を開く、画像の保存、テキストの選択
2   ページアップ
4   左にスクロール
5   拡大縮小
6   右にスクロール
8   ページダウン
非フルスクリーン時に上部のバーをタップ   ページの一番上に戻る

1はリンクにカーソルを重ねた状態で押した場合。



スクロール

Opera Mini 5はページの一番下にジャンプできないのが欠点の一つであるが、一番下に移動したいときは下を押し続けるよりも8を押し続ける方がスクロールが約1.7倍速い。

スクロールさせるときにタップを使わずに2、4、6、8を使えば、押し続けない限りGSPlayerBTが音飛びしない。
上下は1画面スクロールとなるが、左右は文頭に合うようにスクロールする。



YouTubeの再生

ページに埋め込まれたYouTubeの動画は仕様変更により再生できなくなった。動画の画像も表示されない。



Opera Mini 5.0と5.1を比較

5.0と5.1は共存できる。

5.0よりも優れている点

・URLの引き継ぎ、標準ブラウザへの指定ができるようになった。
・キーボードからの入力の不具合が無くなった。
・Ctrl+x、c、vからのコピー&ペーストができるようになった。
・Opera Linkの同期が速い。
・テキストが白く抜けることが無くなった。
・ドロップダウンリストの選択が確実に反映されるようになったようだ。
・ページの再現性の向上。折り返し位置が適正になり、読みやすくなった。特定のサイトで文字が重なるサイトが少なくなった。
・画像が大きくなり、見やすくなった。
・ダウンロードしたファイルの保存先にmicroSDカードを選べるようになった。
asahi.comが開けるようになった。


・5.0よりも劣る点

・重いページで5.0で表示できても5.1では表示できないページがある。
・音楽プレイヤーが音飛びするようになった。
・テキストをコピーすると、アルファベット以外の文字にスペースが挿入されるようになった。


・重いページの処理

Opera Miniはサーバーの仕様変更によって重いページに対する処理が何度も変更されている。
2012年8月現在、Opera Mini 5.1は重いページの表示が以前よりも苦手になった。

ページの下の方から空白を作ることによって軽量化する機能が無くなったため、2ちゃんねるまとめブログのコメントが3000を超えるようなページは縮小状態では表示されても拡大すると真っ白になってしまい、1文字も読めない。
携帯表示をオンに変更すると大部分は読めるようになるが、途中から真っ白になっている。

なお、上記のページはOpera Mini 5.0では携帯表示をオンにしなくても全て表示できる。



oops

コメントが多すぎるブログなど、Opera Miniにとって重すぎるページで表示される。
以前に比べれば重いページにもかなり強くなり、oopsと表示されることはほとんど無くなった。



Opera MiniとWILLCOMの高速化サービス

高速化サービスをオンにしてもOpera MiniやOpera TurboをオンにしたOpera Mobile 10の速度、画質は全く変わらない。
効果が無いだけでなく、サイトによっては接続されなかったり、レンダリングが乱れるという問題があった。



ソースの表示

当サイト並みに軽いページ限定だが、アドレス欄にserver:sourceと入力するとhtmlのソースが表示される。



Opera Miniで問題があるサイト

WindowsCE FAN   ソフトウェアライブラリから正式なファイルがダウンロードされない。
GIGAZINEの画像は全て表示できるようになった。
NHKニュースはモバイル版に変更され読めるようになった。



サイトの画像が全部表示できない

Opera系のブラウザで画像が全て表示されない問題はOpera社にも報告されており、wikiに対処法が書いてあった

メニュー>設定>詳細設定>ネットワーク

「サーバーへの最大接続数」を標準の8から4にすることによってOperaやOpera Mobileでは表示されるようになった。
Opera Mini 5やOpera MobileでOpera Turboをオンにした場合はOperaの圧縮サーバー側の設定なので対処のしようがないようだ。



Opera Mini用Link

Amazon PC版
http://www.amazon.co.jp/gp/homepage.html?force-full-site=1


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system