[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2014/06/11

ScreenWriter

Today画面に手書きメモを表示させていたが、あまり使い勝手がよくなかった。
ScreenWriterは驚くほど高機能な手書きメモソフトである。

ペンの太さや色を選ぶことができ、消しゴムもある。
ページやメモの位置をドラッグ&ドロップするような感じで入れ替えることができる。
メモにアラームを付けることもできる。

ロシア製のソフトだが、設定で英語に変更すれば特に難しいところはなく、機能が多い割にはとても使いやすい。

横画面には対応しておらず、強制的に縦画面になる。

現在、アドエスで最も使用頻度が高いソフトはこのScreenWriterとGSPlayerBTでiPhone、Androidに乗り換えない理由になっている。
メモを取るスピードではWindows Mobileの方がまだ上だろうし、アラームのセットも素早く済ますことができる。


ScreenWriter 2.04.5のダウンロードページ

ブラウザによってはcabファイルが開いてしまう場合がある。その場合は他のブラウザを使う。




1画面で9ページのプレビューが表示される。
1ページは4枚のメモからなっている。プレビュー画面には1枚目のメモが表示されている。
上部の+アイコンを押すことで、最大99ページまで増やすことができる。

縮小時にメモをタップ&ホールドするとメニューが出る。



ページの削除に注意

1ページは4枚のメモからなっており、プレビュー画面には1枚目のメモだけが表示されているわけだが、1枚目を削除すると2〜4枚目も削除されてしまうことに注意しなければならない。
1枚目だけを見て不要だと判断して削除したら、必要なメモも消えてしまったということになりかねないので、2〜4枚目のメモは使わないようにしている。



設定

Mapping hard buttons

exit 0
preview 5
delete note 0
clear note 9

設定>view>

初期設定はロシア語。一番下の項目が言語の切り替え。Englishに変更。

プレビューにナンバーを表示。number parts on preview screenにチェック。

起動時にプレビューを表示。show preview on startupにチェック。

タスクバーが隠れてしまい、時計が見えないのでshow clockにチェック。大きさを中に。

設定>general>

アラームの設定。sp1_lowbatt、loop soundにチェック。

volume 70%に。


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system