<トップページに戻る>

最終更新 - 11/02/03

将棋の王将〜王手町支店〜


アドエスには金沢将棋という普通の人なら十分楽しめる良いソフトがあったのだが、現在は買う事ができない。
そうなると気になるのがウィルコム公式サイトで常に上位をキープしている将棋の王将〜王手町支店〜である。

キャラクターは8人おり、個性的な名前が付けられているが、戦い方は全員同じ。何人目になっても一人目と強さは変わらない。
特訓モードには基本的な囲いの手順が収録されているが、CPUには得意な戦形も囲いもなく、意味不明な手ばかり。
6人目に2回勝っても7人目が選べないのでやめてしまったが、7、8人目も同じと思われる。



居玉のまま何の囲いもせずに深く考えずやっても40手で詰み。
無意味に駒を取られたり、切ったり、受けなければ一手で詰むのに受けなかったりと全く将棋になっていない。

このソフトは23年前のファミコンソフト「谷川浩司の将棋指南II」の一人目の四間飛車穴熊にも何度やっても勝てないだろう。
ハードウェア、ソフトウェアともに進化した今、はっきり言ってこのソフトを「初心者から熟練者までじっくり楽しめる本格将棋」と言ってはならないと思う。ひどいプログラムだ。



せっかく押し入れから出してきたので記念撮影。


<トップページに戻る>
 

inserted by FC2 system