<トップページに戻る>

UPX4PPC

アドエスの本体のデータ記憶用のメモリは個体差があるが約160MBと今となっては少ない。
ソフトによってはmicroSDカードにインストールできないものもある。
少しでも空きを確保する方法としてUPX4PPCを使ったexe、dllの圧縮がある。
起動スピードが速くなる効果もあるようだが、それはあまり感じない。
また、プログラム実行用メモリを圧迫するという話も聞いたのだが、特に問題はないようだ。

現在はmicroSDカードにソフトをインストールしたり、データを移したりして本体の空きに余裕があるので圧縮しているソフトはない。


UPX4PPCのダウンロードページ

×印は詳しくは書かないが、問題があるので圧縮してはならない。
また、何も書いてないファイルはまだ使用が浅く、気が付かなかった問題があるかもしれない。

Esmertec Jbed 20090217.5.1R2
jbed.exe 2.48MB→1.27MB

IBM MIDP 2.0 Java Emulator
ivemidp20_23.dll 302KB→116KB
j9dbg23.dll 99.5KB→47KB
j9mjit23.dll 106KB→47KB
j9mjitd23.dll 43KB→20KB
j9rdbi23.dll 13KB→8.5KB
jpvmail23.dll 564.5KB→233KB
jclmidp20_23.dll 194KB→82.5KB
数ヶ月間毎日使用してるが問題なし。

NetFront Browser v4.1
NFBrowser4.dll 5.23MB→2.87MB

Nitrogen
Nitrogen.exe 511.5KB→297KB
gsmp4.dll 221KB→143.5KB
微妙に音質が悪くなったような変わらないような。たいしてサイズが大きくないから元に戻した。

SpreadCE
SpreadCE.exe 1.61MB→845.5KB

q2chwm 0.0.16
libYoCommon.dll 1.67MB→954KB
q2chwm.exe 996.5KB→457.5KB
数ヶ月間毎日使用してるが問題なし。

xnView Pocket
xnpocket.exe 1.23MB→654KB
fmodce.dll 401KB→225.5KB

金沢将棋
KSyoPPC.exe 2.57MB→1.9MB
ShoDLL.dll ×

Flashlite.dll 1.26MB→691.5KB

<トップページに戻る>

inserted by FC2 system