[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

最終更新 - 2015/03/05

無料WiFiスポットへの接続

無料WiFiスポットが増えているので試してみたのだが、Windows Mobile端末では使えるようになるまでに意外と苦労するのでまとめておくことにした。

WiFiスポットによってはあらかじめ自宅で登録を済ましておく方法もあるが、自分は電波がある場所で登録から使用までまとめて行った。
全てのブラウザを試したわけではないが、登録、ログイン時に使用ブラウザ以外のブラウザを使うと

・ログイン用のページが表示されない。
・読み込み中にフリーズ。

という問題が起こった。
なお、LAWSON Wi-Fiは専用のアプリが必要なのでWindows Mobileでは使うことができない。

これらの無料WiFiスポットは暗号化が全くされていないか、されていても簡単に破ることのできるWEPなのでセキュリティに関してはザルで個人情報や閲覧データも何かに利用している事を理解した上で使わなければならない。


7SPOT

セブン&アイグループの無料WiFiサービス。主にセブンーイレブンで提供されているので数が圧倒的に多い。
セブンーイレブンの7SPOTは店舗周辺でも使えるが、イトーヨーカドーの7SPOTはイトーヨーカドー内の限られた場所でしか使えない。

初回にWiFiスポットのある現地に行ってSSID - 7SPOTに接続。
ブラウザを起動し何処かサイトに接続しようとすると、自動的にログイン用のページに移動する。
メールアドレスとパスワードを登録。
無線LANを一旦切り、返信されたメールを受信。
もう一度、7SPOTに接続してメールに書いてあるURLからログイン。

2回目からはメールアドレス、パスワードの入力は不要だが、指定のページからログインする必要がある。

登録、ログイン時、使用ブラウザ

Opera Mobile 9.51b2

左上の"インターネット接続"を押してログインした後に表示されるページで"インターネットへ"を押す必要はなく、ブラウザを終了して他のソフトを使うことができる。

接続は1日3回、1回60分という制限がある。
最初に繋いだ店舗から移動して他の店舗で繋いでも60分以内であれば回数はカウントされず1回に含まれる。
ただし、その間の時間は引かれる。ページを表示してのログインも再度必要。
同じ店舗で60分以内に再接続する場合にはブラウザを起動してログインする必要無し。

ログインページのアドレス

http://webapp-ap.7spot.jp/


ネットワーク名/SSID - 7SPOT

認証 - オープン

データ暗号化 - 無効


ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続サービス

このサービスをしていない店舗も多く、近所のファミリーマートはイートインスペースがあるのに無料WiFiが無かったりする。

手順は7SPOTと同じだが、2回目以降も毎回、”利用規約とセキュリティレベルとフィルタリングについて同意する”にチェックを入れてログインしなければならない。

接続は1日3回、1回20分という制限がある。

登録、ログイン時、使用ブラウザ

Opera Mobile 9.51b2
NetFront Browser v4.3

Opera Mobile 9.51b2でログインできなかったのはurlfilter.iniが原因だった。Ver3.0で修正した。

最初に繋いだ店舗から移動して他の店舗で繋いでも20分以内であれば回数はカウントされず1回に含まれる。
ただし、その間の時間は引かれる。ページを表示してのログインも再度必要。
同じ店舗に20分以内に再接続する場合にはブラウザを起動してログインする必要無し。

ログインページのアドレス

http://app.family-wifi.jp/


ネットワーク名/SSID - Famima_Wi-Fi

認証 - オープン

データ暗号化 - WEP

"自動的に提供されるキーを使用する"にチェック



都営地下鉄

都営地下鉄の主要駅で利用できるWi-Fi無料インターネット接続サービス。
訪日外国人向けとなっているが、日本語表示に変更できる。
登録はメールアドレスだけで、パスワードの入力も返信メールを受信してのログインも必要無い。

登録、ログイン時、使用ブラウザ Opera Mobile 10

他の無料WiFiスポットでは接続しやすいOpera Mobile 9.51b2だが、都営地下鉄では「同意する」ボタンが押しても反応せず先に進むことができなかった。
Opera Mobile 10でもなかなか反応しなかったが、何回か試したら先に進むことができた。
urlfilter.iniが原因ではないことも確認。

接続は1回3時間までだが、回数制限はない。


ログイン用のページのアドレス

http://www.wifi-cloud.jp/auth_toei_subway/

ネットワーク名/SSID - Toei_Subway_Free_Wi-Fi

認証 - オープン

データ暗号化 - 無効



東京メトロ

東京メトロの主要駅で利用できるWi-Fi無料インターネット接続サービス。
以前のMANTAよりも使える駅が減っている。
基本的に訪日外国人向けとなっており、日本語表示に変更できない。
登録はメールアドレスだけで、パスワードの入力も返信メールを受信してのログインも必要無い。

登録、ログイン時、使用ブラウザ Opera Mobile 10

Opera Mobile 9.51b2では有効にしているにも関わらず、JavaScriptとCookieを有効にしていただく必要があります、なり先に進むことができなかった。

接続は1回3時間までだが、回数制限はない。


ログイン用のページのアドレス

http://www.wifi-cloud.jp/metro/en/01/index.html

ネットワーク名/SSID - Metro_Free_Wi-Fi

認証 - オープン

データ暗号化 - 無効



FC2WiFi

当サイトのスペースを貸してもらっているFC2のWiFiサービス。

初回の登録はコンビニと同じような方法だと思うが、FC2IDを持っているので、登録不要だった。
ある程度、日を置くと再度メールアドレス、パスワードの入力が必要なようだ。

登録、ログイン時、使用ブラウザ Opera Mobile 9.51b2

時間制限は無し。


ネットワーク名/SSID - FC2 Wifi (Free)

認証 - オープン

データ暗号化 - 無効



無線LANツール

ウィルコムが提供している無線LANツールは登録している無線LANのアクセスポイントに優先順に自動的に接続することができるソフトである。


無線LANツールのダウンロードページ


公式サイトなのでウィルコム回線からInternet Explorerでアクセスしてダウンロードする必要がある。
本体にインストールした。

自宅の無線LANやこのページで取り上げた無線LANスポットに接続するのにウィルコムの無線LANオプションに申込む必要はない。
また、このサービス自体が2013年4月をもって終了している。

リストからウィルコム回線を削除するとデータ通信やメールの送受信ができなくなるので削除してはならない。
誤って削除してしまった場合はオンラインサインアップで直る。



なお、このソフトをバージョンアップして製品化したのがWiFiSnapである。



moopener

このソフトはWiFiSnapと中身はほぼ一緒だと思われる。 WiFiSnapが試用期間1ヶ月を過ぎると何もできなくなるのに対して、moopenerはルーター化に15分という制限がある代わりに指定の期限まで使うことができる。
2015年も更新版がリリースされている。


moopenerのダウンロードページ

本体にインストールした。






自宅の無線LAN

いつでも電波が出ている必要はなく、コンセントを使いたくないのでネットに繋がっているPCのUSBに挿してアクセスポイントにできるものを購入した。

I-O DATA IEEE802.11n/g/b準拠 300Mbps(規格値) 無線LANアダプター WN-G300UA



・同時に接続できる無線LAN子機は2台まで。
・ステルス設定はできない。

アドエスを接続してもパケットが流れないという問題が頻発したが、暗号化方式をWPA-PSK、TKIPに設定すると安定して使えるようになった。

Opera MiniでデフォルトになっているSocketは無線LANだとリンクを押しても同じページが表示される事がある。
やはり、WILLCOM回線でも無線LANでもHTTPが良いようだ。


[ トップ ] [ Advanced/W-ZERO3[es] ]

inserted by FC2 system